2003年06月16日

ザ・コア

dc50e0c8.JPG
「ザ・コア」

監督: ジョン・アミエル
出演: アーロン・エッカート/ヒラリー・スワンク/デルロイ・リンドー/スタンリー・トゥッチ/DJ・クオールズ/リチャード・ジェンキンス(『ふたりの男とひとりの女』「チェンジング・レーン』)/チェッキー・カリョ/ブルース・グリーンウッド/アルフレ・ウッダード
配給: ギャガ=ヒューマックス

概要:ボストンで、心臓ペースメーカーをつけた32人が同時刻に死亡した。ロンドンでは鳩が方向感覚を失い、宇宙では、大気圏突入直前のスペースシャトルが突然制御不能となる。大学教授、ジョシュ・キーズは、この原因が地球の核(コア)の回転異常にあると突きとめた。このままでは、地球は1年で消滅する。残された道は、核爆発の衝撃で再びコアを回転させること。こうして、前人未到の地下1800マイルへの潜行任務が、6人のエキスパートに託された。(某映画サイトより)

評価:★★★★☆(4点)
感想:名作「アルマゲドン」を思わせる展開と設定だったけれども決定的に違うのは問題が人間側にあることでした。
地下を舞台にした設定はアイデア賞ものでとても新鮮でした。
核の回転が止まることによる被害は想像を絶するもので、直視できないシーンもありました(>_<)
最初から最後まですっかり雰囲気に飲まれました☆

at 19:38│Comments(0)TrackBack(0)洋画 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
プロフィール

マー坊君。

QRコード
QRコード