2010年01月30日

ラブリーボーン

lovely_bones
「ラブリーボーン」

監督:ピーター・ジャクソン(『ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!』『キング・コング』)
製作総指揮:スティーブン・スピルバーグ(『トランスフォーマー/リベンジ』)
出演:シアーシャ・ローナン(『つぐない』)
マーク・ウォールバーグ(『ハプニング』『マックス・ペイン』)
レイチェル・ワイズ(『ブラザーサンタ』『マイ・ブルーベリー・ナイツ』)
スーザン・サランドン(スピード・レーサー』『告発のとき』)
スタンリー・トゥッチ(『プラダを着た悪魔』『ラッキーナンバー7』)
配給:パラマウント ピクチャーズ ジャパン

概要:スージー・サーモンは、14歳のときに近所に住む男にトウモロコシ畑で襲われ、殺されてしまった。父は犯人捜しに明け暮れ、母は愛娘を守れなかった罪悪感に苦み、家を飛び出してしまった。スージーは天国にたどり着く。そこは何でも願いがかなう素敵な場所で、地上にいる家族や友達を見守れる。スージーは、自分の死でバラバラになってしまった家族のことを心配しながら、やり残したことを叶えたいと願うのだった…。

評価:★★★☆☆
感想:話題のピータージャクソン最新作を観てきました。
予告や宣伝から感動ファンタジー作品を予想していたのですが随分と違う展開で、何となく消化不良のまま、感動のできないまま終わってしまいました。
原作未読なのでなんともですが奇跡的な所は少ないかも。
天国途中の映像美や出演陣は申し分なく素晴らしい出来です。なので殺害後のシーンなどは痛烈。
いろいろと不満の残る作品でした。ラストも納得いきません。残念。
よかったのはおばあちゃんの人。劇中唯一安堵感が。

(以下ネタばれ)
殺されるまでの過程が長すぎで疲れてしまった。中2で知らない人については行かないし。トウモロコシ畑に地下室って作ってる間に持ち主とか気がつくし。用意周到の割に帽子は見逃しだし。あの金庫はあの短時間にどうやって車まで運んだんだか。写真がヒントなのだろうけど、なんだか曖昧。妹が犯行ノートを入手のところは、戻ってきてるんだから読んでないですぐ逃げるだろう普通は。犯人も追わずに証拠隠滅なのもおかしい。ラストはキスもいいけれど他にも伝えることはあるだろうに。犯人、百歩譲ってつららで崖から転落死はいいとしても、何故逮捕されてないのだろう。警察は何をしてるのだか。

tutu2yh at 19:30│Comments(2)TrackBack(19)洋画 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. [映画『ラブリーボーン』を観た]  [ 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭 ]   2010年02月01日 13:02
☆凄い作品だと思った。  私的には、P・ジャクソンくらいになると、この悲惨なテーマでファンタジーを創れるのだなと感心した。  と言うのも、私も20年ほど前、宮崎勤事件が日本中を震撼させたとき、  私は、せめてせめて、被害にあった子たちが、死後の世界で幸せ...
2. ラブリーボーン/THE LOVELY BONES(映画/劇場鑑賞)  [ 映画を感じて考える??大作、カルトムービー問わず映画批評 ]   2010年02月01日 15:11
[ラブリーボーン] ブログ村キーワードラブリーボーン(原題:THE LOVELY BONES)キャッチコピー:これは、私が天国に行ってからのお話製作国:アメリカ/イギリス/ニュージーランド製作年:200...
3. ラブリーボーン  [ ★YUKAの気ままな有閑日記★ ]   2010年02月01日 15:16
2010年最初の感動大作―観て来ました~【story】スージー・サーモン(シアーシャ・ローナン)は、14歳のときにトウモロコシ畑で殺されてしまう。そしてスージーは天国にたどり着くが、父(マーク・ウォールバーグ)は犯人探しに明け暮れ、母(レイチェル・ワイズ)は愛娘を守...
4. ラブリーボーン  [ Akira's VOICE ]   2010年02月01日 16:18
生と死を繋ぐファンタジー。  
5. ラブリーボーン [映画]  [ 映画鑑賞★日記・・・ ]   2010年02月01日 16:20
原題:THE LOVELY BONES公開:2010/01/29製作国:アメリカ/イギリス/ニュージーランド上映時間:135分監督:ピーター・ジャクソン出演:マーク・ウォールバーグ、レイチェル・ワイズ、スーザン・サランドン、スタンリー・トゥッチ、マイケル・インペリオリ、シアーシャ・ロ...
6. 「ラブリーボーン」え??と、何と申しますか…。  [ シネマ親父の“日々是妄言” ]   2010年02月01日 21:09
[ラブリーボーン] ブログ村キーワード  世界的大ベストセラーの映画化。しかもスピルバーグが製作総指揮、そんでもって監督はあのピーター・ジャクソン!「ラブリーボーン」(パラマウント ピクチャーズ ジャパン)。これで期待するなって方がムリでしょ?おまけに...
7. ラブリーボーン  [ 悠雅的生活 ]   2010年02月01日 21:48
手編みの帽子。赤い山茶花。穏やかな鉄槌。
8. ラブリーボーン☆★THE LOVELY BONES  [ 銅版画制作の日々 ]   2010年02月01日 22:06
ピーター・ジャクソンの冒険作。原題は愛すべき骨たちなんですよね。猟奇的殺人の被害にあった少女たちに贈る鎮魂歌らしいストーリーのように思えるが。。。。どうも悲しみや憤りを露骨に表した作品ではないようだ。   東宝シネマズ二条にて鑑賞。いきなり14歳の主...
9. 『ラブリーボーン』・・・スージーがやり残したこと  [ SOARのパストラーレ♪ ]   2010年02月01日 23:38
独特の雰囲気を持つ秀作。サスペンスとしての手に汗握る緊張感もいいし、なにより鑑賞後に残る余韻があまり味わったことのない類のもので、なんとも心地よい感動を味わえた。
10. ラブリーボーン  [ Memoirs_of_dai ]   2010年02月02日 23:36
霊体質少女の使い方… 【Story】 スージー・サーモン(シアーシャ・ローナン)という魚の名前のような彼女は、14歳のときにトウモロコシ畑の..
11. ラブリーボーン  [ ゴリラも寄り道 ]   2010年02月03日 01:27
<ストーリー>スージー・サーモン(シアーシャ・ローナン)という魚の名前のような彼女は、14 歳のときにトウモロコシ畑である者に襲われ、...
12. ラブリーボーン (試写会)  [ パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ ]   2010年02月03日 18:12
大作を次々と送り出してきたピーター・ジャクソンが、ついにスティーブン・スピルバーグとタッグを組んだ。しかも題材は、2002年全米で一大センセーションを巻き起こしたベストセラー小説アリス・シーボルドの同名原作「ラブリーボーン」の映画化だ。 「ロード・オブ・ザ...
13. ★「ラブリーボーン」  [ ★☆ひらりん的映画ブログ☆★ ]   2010年02月04日 01:52
今週の平日休みは、「ロード・オブ・ザ・リング」3部作のピーター・ジャクソン監督がベストセラー小説を映画化した作品を、TOHOシネマズ川崎で鑑賞。
14. ラブリーボーン 心残りがそこか~=( ・_・;)⇒ アレ?  [ 労組書記長社労士のブログ ]   2010年02月04日 07:06
【 {/m_0167/}=5 -3-】 今日は、先日仕事中に体調が悪いと早退なさって、ご帰宅後さらに容体が悪くなり救急車で搬送されたけどそのまま急逝されたうちの組合員さんご本人のお葬式だった。 1000人以上の組合員、なかなか全員は覚えられないが、御遺影を拝見して「あ!」、ご...
15. 「ラブリーボーン」 ◆感想を追記しました。  [ MOVIE レビュー ]   2010年02月04日 12:22
1月に公開される映画で、気になる映画をピックアップしています。 1月29日(金)公開の映画「ラブリーボーン」も観る予定です。1月はこれで4本目のピックアップです。殺人の被害者となってしまった14歳の少女が天国へ行くのですが、残された家族の嘆き悲しむ姿を見て、何と...
16. 映画:ラブリーボーン  [ よしなしごと ]   2010年02月28日 22:34
 話題の感動作と前評判も好評だったラブリーボーンをようやく観てきました。
17. 【映画】ラブリーボーン…(サブタイトル自粛)  [ ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画 ]   2010年08月10日 12:26
「プロヴァンスの贈りもの」以来のサブタイトル自粛ですが、まぁ映画感想部分を読んでくださいませ{/face_nika/} さて本日{/kaeru_fine/}日曜日の行動… 午前中、チャチャタウンにあるTSUTAYAまでレンタルCDを返却{/dododo/}に行って、帰宅後レンタルしてた映画{/m_0058/}を...
18. ラブリーボーン  [ Recommend Movies ]   2010年08月10日 13:09
私は14歳で殺された― 【感想】 ちょっと『ゴースト』を連想しそうだけど、これは問題作かもしれません。 わずか14歳で残忍なレイプ殺亮..
19. 『ラブリーボーン』'09・米・英・新  [ 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映... ]   2010年12月13日 23:18
あらすじ14歳のスージーが近所の男に襲われ殺された。深い悲しみを負った家族は、いつしかバラバラに。そんな様子を、スージーは天国から見守っていたが・・・。感想ハラハラする...

この記事へのコメント

2. Posted by マー坊君。   2010年02月02日 12:20
>トラヴィスさま
コメントありがとうございます。
この頃涙腺がゆるくなった(歳)せいで多少の感動で涙することが増えたのですが、本作は泣かないまま終わってしまいました。
賛否がわれてますが全体的な評価はよろしくないみたいですね。
もう少し奇跡ぶりを発揮してほしかった。実話ではないのだし。
出演陣は良かった分残念です。
1. Posted by トラヴィス   2010年02月01日 15:10
こんにちは☆
TBありがとうございました♪
オイラも感動もののファンタジーを期待してただけに、消化不良で残念な感じでした。
ホンマラストは、その前に他にやることがあるだろうって感じですよねw

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード