2011年04月02日

塔の上のラプンツェル

rapunzel
「塔の上のラプンツェル」

監督:ネイサン・グレノ
声の出演:マンディ・ムーア
ザカリー・リーヴァイ
ドナ・マーフィ
ブラッド・ギャレット
ジェフリー・タンバー
配給:ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン

概要:深い森に囲まれた、出入り口のない高い塔。そこに、魔法の長い髪を持つ、美しい少女が暮らしていた。名前は、ラプンツェル。18年もの間、彼女は一度も塔の外に出たことがなく、母親以外の人間に会ったこともなかった。そんなラプンツェルの楽しみは、自分の誕生日になると遠くの空に浮かぶ神秘的な“灯り”を見ること。「あの灯りは、私とどんな関係があるのだろう?」成長するにつれ、彼女は灯りへの好奇心を抑えきれなくなっていた。
18歳の誕生日の前日、お尋ね者の大泥棒フリンが追手を逃れて塔に侵入し、ラプンツェルの魔法の髪に捕えられてしまう。フリンが盗んだ王冠を取り上げた彼女は、交換条件として、“灯り”の場所まで案内させることに。“魔法の髪”に導かれ、ラプンツェルの“すべてが初めて”の旅が始まる。だが、未知なる世界への期待に満ちたその冒険には、彼女自身の秘密を解き明かす、思いもよらぬ運命が待ち受けていた。

評価:★★★★★(満点)
感想:ディズニーアニメ最新作を3D字幕版で観ました。
すべての年齢で楽しめるディズニー映画の王道で仕上がった本作は、素晴らしいエンターテインメント作品でした。
映像美、歌、コメディ、家族愛と文句のないすばらしい出来でした。
なので3Dの必要はないかと。字幕も見づらいし。
裸足で山道や街中を走り回ったり、髪の毛引きずりっぱなしで汚れなかったり、馬が酒場の荒くれ者をどうやって呼んできたのかなど不都合な点は魔法の世界なのでよしとしましょう。
女の子が初めて家を出て一人暮らしとかするときってこんな感じなのかなと思いました。

採石場で水に追われて閉じ込められてのシーンで上映中止にならず本当によかった。


tutu2yh at 18:35│Comments(1)TrackBack(11)アニメ 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 「塔の上のラプンツェル」感想  [ 狂人ブログ ~旅立ち~ ]   2011年04月06日 19:38
 記念すべきディズニー・クラシックス第50作目にあたる本作は、「髪長姫」の邦題でも知られるグリム童話を原作に、長い間塔の上に閉じ込められていた少女の、初めての外の世界と...
2. 『塔の上のラプンツェル 2D吹替版』  [ 京の昼寝〜♪ ]   2011年04月08日 17:31
    □作品オフィシャルサイト 「塔の上のラプンツェル」□監督 バイロン・ハワード、ネイサン・グレノ□脚本 ダン・フォーゲルマン □キャスト(声の出演) 中川翔子、畠中 洋、剣 幸■鑑賞日 3月12日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★☆
3. 『塔の上のラプンツェル』 映画レビュー  [ さも観たかのような映画レビュー ]   2011年04月22日 18:31
『 塔の上のラプンツェル 』 (2010)  監  督 :バイロン・ハワード、ネイサン・グレノキャスト :マンディ・ムーア、ザッカリー・リーヴァイ、ドナ・マーフィ、ブラッド・ギャレット、 ロン・パール...
4. 塔の上のラプンツェル  [ 悠雅的生活 ]   2011年04月24日 23:43
人生で一番大事な日。最強の武器。最強の馬。3D日本語吹替え版
5. 『塔の上のラプンツェル』・・・魔法の髪、元気印のプリンセス  [ SOARのパストラーレ♪ ]   2011年04月28日 23:19
ディズニーのプリンセス・ストーリーをこれまでじっくり観たことがないので断定はできないが、ここまで躍動的で表情豊かなお姫様はこのラプンツェルがおそらく初めてなのではないだろうか。 好奇心と勇気と優しさをしっかりと兼ね備えた明るく生き生きとしたヒロイン像は、
6. 映画:塔の上のラプンツェル  [ よしなしごと ]   2011年05月01日 21:04
 近くの映画館はほとんどが吹き替え版だったので、まぁ吹き替え版でもいいかという気持ちになっていたのですが、吹き替えが声優じゃなくて中川翔子ということを知って、なんとしても字幕版で見なくては!と言うわけでブログにも書きましたが109シネマズを運営している
7. 塔の上のラプンツェル  [ 銀幕大帝α ]   2011年07月21日 21:21
TANGLED/10年/米/101分/ファンタジー・アドベンチャー/劇場公開 監督:ネイサン・グレノ、バイロン・ハワード 製作総指揮:ジョン・ラセター 声の出演:マンディ・ムーア、ザカリー・リーヴァイ、ドナ・マーフィ、ロン・パールマン 声の出演(日本語吹替版):...
8. 『塔の上のラプンツェル』(2010)  [ 【徒然なるままに・・・】 ]   2011年08月17日 22:51
グリム童話を元にした、ディズニー・アニメーション・スタジオ第50作記念作品。 ということで第1作『白雪姫』から『ピノキオ』、『ファンタジア』、『ダンボ』に『バンビ』、『シンデレラ』や『ふしぎの国のアリス』、『ピーター・パン』、『くまのプーさん』、『リトル
9. 【映画】塔の上のラプンツェル…文化的な親子(?)はポーランドの祭りに思いを馳せる  [ ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画 ]   2011年10月29日 05:57
本日二度目の記事投稿(一度目はこちら) まずは近況報告から 昨日2011年10月22日(土曜日)は朝から小倉に出かけました。一緒に行った嫁さんが美容院に行く(所要予定時間2時間とのこと)というので、その間私は小倉をブラブラする事に… そういえばこの日が、HOBBYBO..
10. 塔の上のラプンツェル  [ 映画、言いたい放題! ]   2011年11月10日 22:42
ブログネタ:最近の1番の楽しみは? 参加中 9月はあまりにもレビューが少なかったので、 10月からは増やそうと思って頑張っていたけれど、 今月も少ない感じ。(T^T) でも映画を観る時は楽しいですね。 そう! こういう時は楽しい映画を観たいですね(^^)
11. 塔の上のラプンツェル(2011)  [ のほほん便り ]   2017年03月11日 23:49
この作品、かなり好みだなぁ、と感じてしまいました。ずっと、誘拐され、悪い魔女に塔の中に閉じ込められて育った、ラプンツェル。彼女が、初めて外界に出て、万物に感動するシーンは、まるで、「アバター」で主人公が、美しい異世界に感動するシーンのようで、ジーーン。特

この記事へのコメント

1. Posted by naotomo   2011年04月08日 00:44
マー坊君さん、こんにちわ。

映画と、CGと、金持ち父さんと...というサイトを運営しているnaotomoというものです。
今回、相互リンクを依頼したくて、こちらのコメント欄に書かせていただきました。
映画が好きで、地道に更新を続けているサイトを探していて、マー坊君さんのブログを見つけました。

こちらのブログへのテキストリンクは、すでに設置しています。
http://naotomo-eck.com/eiga2011/index.html
右下のリンク6をクリックすると、タブが開くようになっています。
こちらのブログへのテキストリンクは、映画に関するすべてのページに設置してあるので、少しは役立つかと思います。

もし、相互リンクしていただけるようでしたら、以下に私のサイトの情報を記しておくので、良ければ使ってください。
タイトル : 映画と、CGと、金持ち父さんと...
URL : http://naotomo-eck.com/

相互リンクしていただけると、めちゃめちゃ嬉しいので、ぜひともよろしくお願いします。
それから、塔の上のラプンツェル、私も見ました。
古き良きディズニーアニメの動きがよみがえってきたかのようで、CGアニメとは思えない質の高さでした。
私も同じく星5つの満点です。

ではでは...

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード