2013年08月08日

アダムス・ファミリー

adamus
「アダムス・ファミリー」

監督:バリー・ソネンフェルド
出演:アンジェリカ・ヒューストン、ラウル・ジュリア、クリストファー・ロイド、クリスティーナ・リッチ、ジミー・ワークマン、ジュディス・マリーナ、カレル・ストライケン、クリストファー・ハート、ダン・ヘダヤ
配給:20世紀FOX

概要:アダムス家は主人ゴメズ、魔女の妻モーティシアとその母グラニー、長男パグズリー、長女ウェンズデー、無口な執事のラーチ、そして「ハンド」と先祖代々の一軒家に暮らしていた。他人の不幸がなによりも嬉しいゴメズだが、実は25年前に失踪した兄フェスターのことが気になっていた。恒例の交霊会が行われた嵐の夜、突如フェスター本人が現れて兄弟は感動の再会を果たす。しかし、フェスターは借金に困った顧問弁護士のタリーが送り込んだニセモノだった。ゴメズたちは、以前よりも“普通の人"になっているフェスターに疑いを抱くが、ピンダーシュロス博士に説得されて納得。次第にフェスターもアダムス一家に慣れて“変化"していく。そして裁判所命令が下り、アダムス家は住み慣れた家をフェスターに譲らねばならなくなる。

評価:★★★★★(満点)
感想:ようやく復刻したDVDを購入、10数年ぶりに観ました。
なぜ長年廃盤だったのかはあえて調べていないが「2」が普通に販売してたのは謎。
配役の素晴らしさにテンポ抜群の音楽にシュールでリアルな装飾や拷問器具の数々、歪みつつも美しい家族愛とブラックユーモアは何度見ても楽しく爽快です。
改めて見直すとやはり映像面では多少見劣りします。
CGや特殊効果も少々安く感じてしまいますがそこはご愛嬌で。
「マムシュカ」のくだりは何度も見直してしまう。秀逸なのだ。

ゴメス役のラウル・ジュリア氏の死は何とも残念。
改めてご冥福をお祈りします。



tutu2yh at 23:00│Comments(0)TrackBack(1)洋画 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. アダムス・ファミリー  [ タケヤと愉快な仲間達 ]   2013年11月02日 00:42
監督: バリー・ソネンフェルド 出演:ラウル・ジュリア、アンジェリカ・ヒューストン 、クリストファー・ロイド、クリスティナ・リッチ 【解説】 かつて「アダムスのお化け一家@」というTVシリーズにもなった、リチャード・アダムスの怪奇漫画を映画化。当主ゴメス、...

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード