2014年05月24日

青天の霹靂

seitennohekireki
「青天の霹靂」

監督:劇団ひとり
出演:大泉洋、柴咲コウ、劇団ひとり、風間杜夫 他
配給:東宝

概要:場末のマジックバーで働く、さえないマジシャンの轟晴夫(大泉洋)。ある日、彼は10年以上も関係を絶っていた父親・正太郎(劇団ひとり)がホームレスになった果てに死んだのを知る。父が住んでいたダンボールハウスを訪れ、惨めな日々を生きる自分との姿を重ね合わせて涙する晴夫。すると、突如として青空を割って光る稲妻が彼を直撃する。目を覚ますや、40年前にタイムスリップしたことにがくぜんとする晴夫。さまよった果てに足を踏み入れた浅草ホールで、マジシャンだった父と助手を務める母(柴咲コウ)と出会い・・・。

評価:★★★★☆
感想:ご存じ大泉洋主演作品を2Dで観ました。
CMや予告でほとんどの内容が判ってしまっていたのであまり期待せず、洋ちゃんの真面目な演技や代役なしで挑戦したマジックを楽しみにしての鑑賞でした。
前半の落ちぶれっぷりも見事でしたが、タイムスリップしてからは大いに笑って感動してと盛りだくさんな内容で満足でした。さすが大泉洋。好演なのだ。
マジックもドラバラ時代と違ってかなり本格的で驚きました。
ただし時代設定の昭和48年が少し古すぎた感じがしました。
劇団ひとりのチンピラのような演技は正直苦手でした。
万人向けで気楽に見ることができる良作ですがそれなり感は否めないのだ。

(以下ネタばれ)
半年もあったのだから晴夫が父親にマジックのネタを伝授してれば生活には困らなかっただろうに。当時でも帝王切開術とかあったと思うのだが母親は本当に死ななければならなかったのか。10年前になぜ父親はいなくなってしまったのだろうか。晴夫は戸籍抄本とか確認したことがなかったのだろうか。携帯電話など現代のモノは都合よく過去では持ってなかったのかな、時計とか。
と、いろいろ気になりました。



tutu2yh at 18:30│Comments(0)TrackBack(8)邦画 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 青天の霹靂 ★★★★.5  [ パピとママ映画のblog ]   2014年05月27日 19:35
作家や俳優としても活躍する人気お笑い芸人の劇団ひとりが書き下ろした小説を、自らメガホンを取って実写化したヒューマンドラマ。40年前にタイムスリップした売れないマジシャンが、同じマジシャンであった若き日の父とコンビを組み、自身の出生をはじめとする家族の秘密...
2. 青天の霹靂  [ だらだら無気力ブログ! ]   2014年05月27日 21:25
じんわり来る、余韻の残るイイ一本だった。
3. 「晴天の霹靂」☆たぶん1粒以上の涙  [ ノルウェー暮らし・イン・原宿 ]   2014年05月31日 16:37
劇団ひとりが原作の「陰日向に咲く」は、悪くは無いけどそれほど印象にも残っていなかった。 そんなこともあって、『ちょっと文才があるからって本を書いたり、資金力を生かして映画を簡単に作ろうとする芸人の映画』と舐めてかかっていた。 すみません。私が間違っており
4. 『青天の霹靂』  [ 京の昼寝〜♪ ]   2014年06月02日 08:33
□作品オフィシャルサイト 「青天の霹靂」□監督・脚本 劇団ひとり□キャスト 大泉 洋、柴咲コウ、劇団ひとり、笹野高史、風間杜夫■鑑賞日 5月25日(日)■劇場 109CINEMAS川崎■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想>  タイム
5. 青天の霹靂 : 父と母の愛情に涙 ジーン...(≧ω≦。)  [ こんな映画観たよ!-あらすじと感想- ]   2014年06月03日 11:22
 今日の広島は、少し肌寒い天気でした。まあ、私には丁度良い感じなのですが。ちなみに、本日紹介する作品はこちらになります。 【題名】 青天の霹靂 【製作年】 2014年 【
6. 青天の霹靂  [ 映画的・絵画的・音楽的 ]   2014年06月06日 21:11
 『青天の霹靂』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)予告編で見て面白そうだと思って映画館に行ってきました。  本作の冒頭では、主人公の晴夫(大泉洋)が、「いつからかな、自分を“特別”だって思わなくなったのは」、「昔は、周りの奴らは“普通”の人生しか歩めない
7. ありがとう/ビートたけしに観て欲しい映画~『青天の霹靂』  [ 真紅のthinkingdays ]   2014年06月14日 21:25
 場末のマジックバーで失意の日々を過ごす晴夫(大泉洋)は、ホームレスとなっ ていた父の死を知る。警察で遺骨を引き取った彼は、父のテントのあった河原で 雷に打たれ、40年前の浅草にタイムスリップする。そこには、若き日の父・正太 郎(劇団ひとり)と、身重の母
8. No.386 青天の霹靂  [ 気ままな映画生活 ]   2014年06月22日 22:55
売れないマジシャンの男が40年前にタイムスリップし、生き別れたはずの両親との出会いを通して自分の出生の秘密を知っていく姿を笑いとユーモアを交えながら描く。39歳の売れないマ ...

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード