洋画

2015年01月11日

96時間/レクイエム

96h
「96時間/レクイエム」
監督:オリヴィエ・メガトン(『96時間/リベンジ』)
出演:リーアム・ニーソン(『フライト・ゲーム』)
ファムケ・ヤンセン(X-MEN:ファイナル ディシジョン)
マギー・グレイス(『ロックアウト』)
フォレスト・ウィテカー(『ラストスタンド』)
ダグレイ・スコット
サム・スプルエル
リーランド・オーサー
配給:20世紀フォックス映画

概要:かつてイスタンブールで犯罪組織を全滅に追い込んだ、元CIA秘密工作員ブライアン(リーアム・ニーソン)はロサンゼルスに戻り、再び家族の絆を取り戻そうとしていた。そんな折、前妻レノーア(ファムケ・ヤンセン)が、彼の家で死体となって発見される。運悪く現場で警官と遭遇したブライアンは、殺人事件の容疑者として指名手配され・・・。

評価:★★★☆☆
感想:2015年最初の作品はリーアム・ニーソン人気シリーズ最新作をを2D字幕版で観ました。
シリーズ自体は実は初見でしたが、人物背景や設定はわかりやすくすぐに慣れました。
派手なアクションもスピード感も良くなかなかなのですが、予告編で大まかな内容からオチまでわかってしまい多少残念でした。
とはいえ無敵なまでの逃亡・復習劇は危険の連続で見ごたえがあります。
年齢を感じさせない大型アクションも素晴らしいです。
そういえば4日も経過したようには見えなかったがなぜタイトルは96時間なのだろう。
1作目、2作目を見ないとダメなのかも。




tutu2yh at 17:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年12月27日

フューリー

fury
「フューリー」
監督:デヴィッド・エアー
出演:ブラッド・ピット(『それでも夜は明ける』)
シャイア・ラブーフ(『ランナウェイ/逃亡者』)
ローガン・ラーマン(『ノア 約束の舟』)
マイケル・ペーニャ(『L.A. ギャング ストーリー』)
ジョン・バーンサル(『リベンジ・マッチ』)
配給:KADOKAWA

概要:1945年4月、ナチスがはびこるドイツに総攻撃を仕掛ける連合軍に、ウォーダディーというニックネームのアメリカ人兵士(ブラッド・ピット)がいた。カリスマ性のあるベテラン兵士である彼は、自らフューリーと名付けたアメリカ製の中戦車シャーマンM4に3人の兵士と一緒に乗っていた。そんなある日、ウォーダディーの部隊に新兵ノーマン(ローガン・ラーマン)が加わることになり・・・。

評価:★★★★☆
感想:2014年最後の劇場観賞はブラッド・ピッドの戦争映画を2D字幕版で観ました。
予告からはテーマも重く終始厳しい戦争の悲壮感が続くかと思いきや、無敵タンクの生還劇的なオーダーは厳しいけれどもエンタテインメント要素のある作品でした。
もちろん、残酷シーンも汚いセリフもありますが最後までどこか余裕のある男気のある姿勢はカッコいいです。
新人も含めたチームが個性的で味があってよかった。
最後の十字路での籠城銃撃戦はかなり壮絶。一体どれだけ倒したのやら。
久々のブラッド・ピッドは多少老け気味でそこが少し残念でした。


tutu2yh at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年12月14日

ホビット 決戦のゆくえ

hobito3
「ホビット 決戦のゆくえ」
監督:ピーター・ジャクソン
出演:イアン・マッケラン
マーティン・フリーマン
リチャード・アーミティッジ
オーランド・ブルーム
エヴァンジェリン・リリー
ケイト・ブランシェット
ヒューゴ・ウィーヴィング
ルーク・エヴァンス
配給:ワーナー・ブラザース映画

概要:ドワーフの王国を取り戻すべく旅をしていたホビット族のビルボ・バギンズ(マーティン・フリーマン)やドワーフのトーリン(リチャード・アーミティッジ)らは、竜のスマウグからついに王国を奪い返す。しかし、スマウグは人々を襲い、その一方でトーリンが財宝を独り占めしようとし、ビルボがそれを止めようと危険な選択をしてしまう。そんな中、宿敵サウロンが奇襲を仕掛け、ドワーフとエルフと人間の間では対立が深まり・・・。

評価:★★★★☆
感想:LOR外伝シリーズ第3弾最終章を2D字幕版で観ました。
いきなり前作からの続きで始まるためドラゴン退治からこれでもかと延々アクションシーン連続で少し疲れてしまいました。
チームドワーフにもチームエルフにもビルボにも感情移入できずガンダルフの活躍も今一つで、正直中盤まではあまり面白くなかったです。
オークが参戦して多少盛り上がったもののやはり前シリーズの素晴らしさには届かなかったか。
個人的には2部作でよかったのではと、旅の仲間が多すぎたのではと。
レゴラスの立ち位置も良くなかったのでは。
と文句ばかりではあるが、ストライダーの名前が出たのと感動のラストの再会シーンはファンには嬉しい限りでした。


tutu2yh at 19:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年11月29日

ドラキュラZERO

doraqula0
「ドラキュラZERO」
監督:ゲイリー・ショア
出演:ルーク・エヴァンス
サラ・ガドン
ドミニク・クーパー
配給:東宝東和

概要:トランシルバニア君主ヴラド・ドラキュラ(ルーク・エヴァンス)が統治する国は栄え、人々は平和に暮らしていた。だがある日、ヨーロッパ攻略を狙うオスマン帝国が、彼の息子を含む1,000人の少年の徴兵を要求してくる。愛する妻(サラ・ガドン)や息子と国を守るため、ヴラドは大国相手に反旗を翻し、古代より伝わる絶対的な闇の力と契約を交わす。

評価:★★★★☆
感想:ドラキュラビギンズ映画を2D字幕版で観ました。
予告のイメージとは大分違ってホラーというよりはバットマンのようなアクションヒーローものに近くとても楽しかったです。
コウモリ変身CGなどの映像や迫力は素晴らしく軍隊との戦闘シーンは圧巻。
銀や太陽で火傷とお馴染の設定もあってとても理解し易い親切設定でした。
個人的には後半の大量串刺しが凄すぎて逆に爽快でした。
部屋におびき寄せてからの天井から銀貨地獄など細かいネタにはつい笑みがでてしまった。
最後は少し悲しい終わり方ですが、期待以上の良作でした。
ホビットにも出演のルーク・エヴァンスは中世キャラが定着しつつありますね。


tutu2yh at 19:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年11月23日

インターステラー

interstera
「インターステラー」
監督:クリストファー・ノーラン
出演:マシュー・マコノヒー
アン・ハサウェイ
ジェシカ・チャステイン
ビル・アーウィン
ジョン・リスゴー
ケイシー・アフレック
デイビッド・ギヤスィ
ウェス・ベントリー
マッケンジー・フォイ
トファー・グレイス
デイビッド・オイェロウォ
エレン・バースティン
マイケル・ケイン
配給:ワーナー・ブラザース映画

概要:近未来、地球規模の食糧難と環境変化によって人類の滅亡のカウントダウンが進んでいた。そんな状況で、あるミッションの遂行者に元エンジニアの男が大抜てきされる。そのミッションとは、宇宙で新たに発見された未開地へ旅立つというものだった。地球に残さねばならない家族と人類滅亡の回避、二つの間で葛藤する男。悩み抜いた果てに、彼は家族に帰還を約束し、前人未到の新天地を目指すことを決意して宇宙船へと乗り込む。

評価:★★★★☆
感想:クリストファー・ノーランのSF超大作を2D字幕版で観ました。
小難しいイメージがありますが簡単な相対性理論の知識があれば十分楽しめる見ごたえのある内容です。
近未来の描写も素晴らしく特に万能ロボットが人間臭くて好感が持てました。
長時間ですがほぼ退屈することなく観賞できます。
クルーとの友情に感動して娘との時空を超えた絆には涙がこぼれました。
個人的に違和感があったのは地球滅亡は数年後だったはずなのになんだかんだで何十年も大丈夫だったところ。
もちろん滅んでなくてよかったのだけれどもなんだか納得のいかない所がありました。

ガンバスターのブラックホールからの帰還は12,000年。宇宙は不思議なのだ。


tutu2yh at 17:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年11月15日

美女と野獣

bijotoyaju
「美女と野獣」
監督:クリストフ・ガンズ
出演:レア・セドゥ
ヴァンサン・カッセル
アンドレ・デュソリエ
配給:ギャガ

概要:バラを盗んだ代償に命をささげるよう言われた父親の代わりに、若く美しい娘ベル(レア・セドゥ)が野獣(ヴァンサン・カッセル)の住む城に連れていかれてしまう。彼女は命さえ投げ出す覚悟で城に出向いたものの、毎晩同じ時間に野獣と夕食を取る以外何の制約も受けなかった。自由に城内を移動する彼女は、恐ろしい外見の野獣の意外な過去に気付く。

評価:★★★★☆
感想:ディズニーアニメで大ヒットした映画の実写版を2D字幕版で観ました。
ストーリーは原作に基づいた内容とのことで、ガストンやルミエールやポット夫人は出てきません。
内容もアニメのものとは大分違ってミュージカルもありませんが、これはこれでなかなか見ごたえのある良作でした。
野獣の映像がなかなかでてこなかったので着ぐるみチックな予想をしていましたが予想以上に良い出来でした。
気になったのは冒頭の借金のくだりパートが長過ぎで結構退屈でした。



tutu2yh at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1)

2014年11月08日

エクスペンダブルズ3 ワールドミッション

expentable3
「エクスペンダブルズ3 ワールドミッション」
監督:パトリック・ヒューズ
出演:シルヴェスター・スタローン
ハリソン・フォード
メル・ギブソン
ジェイソン・ステイサム
ジェット・リー
ドルフ・ラングレン
ウェズリー・スナイプス
アントニオ・バンデラス
アーノルド・シュワルツェネッガー
配給:ポニーキャニオン/松竹

概要:傭兵(ようへい)軍団エクスペンダブルズを率いるバーニー(シルヴェスター・スタローン)のもとにCIAのドラマー(ハリソン・フォード)が現れ、あるミッションを下す。それは、エクスペンダブルズを結成した仲間だったものの悪の道を進んだストーンバンクス(メル・ギブソン)の身柄確保だった。ニューヨーク、モスクワ、ブカレスト、メキシコ、アフリカで激しい追撃と攻防を展開するが、バーニーの戦術を知るストーンバンクスに苦戦を強いられる。仲間の身を案じ、バーニーはエクスペンダブルズの解散と新チーム結成を考えるが・・・。

評価:★★★★☆
感想:出だしの救出劇からラストの対決まで怒涛のアクションシーン満載で退屈な場面はほとんどありません。
前作ほどドキドキ感がなかったのはメル・ギブソンにあまり好感が持てなかったところと大好きなバンデラスが新境地を見出してしまったところが要因かと。
チーム新人があまり知らないメンバーが多かったのも要因かと。
ブルース・ウィルス不在も(無論2が特別過ぎだが)要因かと。
しかしスタローン映画の定番パターンは健在でワイルドな男臭さはやはり素晴らしい。
おそらく次回もあるだろうが、主要メンバー健在存命のうちに急ぎ撮影してほしいのだ。


tutu2yh at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード